ノーギョギョ ギョギョ ギョギョー ラボラトリーズ

Now Loading...
最終報告会の開催はこちらから

駒ヶ林の海と、魚と、Bチーム

2021.11.30

“始動したBチーム”

11月7日、私たちBチームは神戸の魚を知ってもらうためにクリエイターの近藤さんと個性豊かな大学生6名で活動を開始しました。まずは自分たちで「魚」を知るために、捌かれていない状態のお魚を捌くところから調理する「お魚パーティー」を開催しました。今回はその前に買い出しに行った、「海と、魚と、」〜駒ヶ林の海と、魚と、⚪︎⚪︎を楽しむマーケット〜の雰囲気や感想をお伝えしていきたいと思います。

神戸市と駒ヶ林浦漁業会主催で、駒ヶ林漁港横倉庫にて行われた「海と、魚と、」〜駒ヶ林の海と、魚と、⚪︎⚪︎を楽しむマーケット〜。年に2回行われており、駒ヶ林漁港でとれたいかなごやしらす、鯛、ヒラメ、スズキ、太刀魚、ブリなど様々な魚介類を漁師さん自ら販売するイベントです。

私たちは午後のお魚パーティーへ向けてブリや鯛をお目当てに出発🔥

マーケット開始時刻である11時前に到着したのですがすでに長蛇の列!大盛況です!

予想外の人の多さに驚きつつ、お目当てのブリと鯛を探しに行きます…

倉庫に入ると…

たくさんの大漁旗が頭上に掲げられ、お祭りのような雰囲気

マーケットでは・・・

目はキュルキュル、体はピカピカに輝く新鮮なお魚たちが並んでいました。

 

「あった!」クリエイターの近藤さんの目が光ります。

ブリを発見し購入!そのほかにもハマチ、鯛、黒メバルも購入できました。

無事お目当てをゲットした我々は、しらす丼や天ぷら、海鮮リゾット、タコの焼きそばなどを購入し、飲食スペースで海を見ながら優雅なランチタイムを。全て美味しくて幸せな時間でした。

お腹もいっぱいになったところで、マーケットに別れを告げ神戸駅の事務所へ。

大きなブリたちをイケアの袋に入れて、二人掛かりで持って歩く…めちゃくちゃ重い…

ちょっと臭いが気になりつつも、電車に乗って事務所まで運びました。

足を運ばれる際、魚を買ったら白いビニール袋はもらえますが、洗える大きなエコバックやクーラーボックスを持っていくことをお勧めします!

今回、「海と、魚と、」〜駒ヶ林の海と、魚と、⚪︎⚪︎を楽しむマーケット〜に参加し、

たくさんの魚たちと出会い、神戸の海の豊かさに気付かされました。

もっと神戸の魚を知って、見て、触れて、最後は美味しくいただきたい。

Bチームの活動の第1歩目としてとても有意義な時間でした。

 

担当 神戸大学 経営学部 紙谷咲彩