ノーギョギョ ギョギョ ギョギョー ラボラトリーズ

Now Loading...

「KOBEアグリ活」中間発表

2020.11.01

こんにちは、紅葉狩りに行くのが楽しみなすずかです🍁11月1日に開催されたFARM TO FORKの中で、#にさんがろくプロジェクト の中間発表会があったので、その様子や感じたことを書き留めておきたいと思います✍️

 

私たちDチームは、「KOBEアグリ活」という正式チーム名をひっさげ中間発表会に臨みました!このチーム名はメンバーみんなが案を出し合い、私たちらしさを表せられるように、議論を重ねて決めたものです。「KOBEアグリ活」の「アグリ」はagriculture(農業)以外にも、agree(同意する)やaggregation(集まる)など、たくさんの意味で読むことが出来ます👩‍🌾✨発表会は私たちの活動をたくさんの人に知ってもらうとても貴重な機会でした。

 

 

より多くの人に私たち「KOBEアグリ活」を知ってもらい、思いが届く良い発表ができるように発表会前日にみんなで念入りに準備をしました!活動内容をイメージしやすいよう写真のフリップを用意したり、台本を読み合わせたり、販売する野菜に貼るためのロゴシールも作りました🎈その甲斐もあり、当日は会場の皆さんに「私たちらしさ」をしっかり伝えられたと感じています!

 

また、FARM TO FORKでは私たちが作った野菜も販売させていただきました。種類は小松菜、間引き大根、二十日大根、かぶ、ホウレン草、チンゲン菜で1パック150~200gほどで販売しました🥬発表の際に宣伝をしたのもあってか、たくさんの方が来て下さりなんと62パックも売れるという大盛況でした…!😭お客さんの中には私たちの活動に興味を持ってくださる方も多く、たくさんの方とお話をすることも出来ました😊

 

最終発表までちょうど半分、折り返し地点に来ましたが、この中間発表会という節目で今までの活動を振り返ると、本当にたくさんの方々に支えられて、助けられてここまで来たんだなぁと感謝の気持ちでいっぱいになりました。ここからも最終発表に向けどんどんギアを上げて行きたいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いします!🌞🌱発表の様子は@eatlocalkobe にて動画が上がっていますので、ぜひご覧下さい🎞

 

〈クリエイターコメント〉

 

これまでの活動を通してメンバー内での積極的なコミニュケーション、前日の準備もあって素敵で濃い中間発表になったと思います。当日は自分たちで植え、育てた野菜を多くの人に販売、説明することができてとても充実していたと思います。声も出てたし、笑顔もよかったです。この活動によってどんどん人との繋がりが強くなったり新しくなっていることビシバシ気がついていると思います!

 

(久米涼香/神戸大学)