ノーギョギョ ギョギョ ギョギョー ラボラトリーズ

Now Loading...

神戸市西区岩岡のいちじく畑を見学してきました!

2020.09.29

こんにちは!

私たちのグループは、プロジェクトAとして神戸産いちじくの活用と認知度向上をテーマに活動に取り組んでいます。

 

そして、9月27日に神戸市の岩岡にあるいちじく農園(なごみ農園さん)を訪れていちじくの畑を見学し、たくさんのお話を聞かせていただきました。今回は、その内容と感想を書いていこうと思います!

 

まず、いちじくの畑を見学し採れたてのいちじくを食べさせていただきました。初めていちじくの木を見たり食べたりした子も多く、すごく感動しました。そして、そこでいちじくの育て方や収穫時期などを教えていただきました。

 

いちじくは収穫効率を上げるために一文字という方法で植えられていて、収穫時期は7月から10月くらいまでの間で、8月のピーク時には朝の5時半からお昼まで約5.6時間も収穫することもあるようです!そして、冬の間は伸びきった枝を切り、肥料を撒くことでまた次の夏には新しい芽がはえてくるそうです。

 

 

次に、出荷場所ではサイズごとなどに分別して箱詰めし出荷していました。私たちもたくさんの人達がパックでいちじくを購入していました!そのまま食べても美味しいけど凍らせても美味しいと聞いたので食べてみたいです!

 

 

今回の活動では、新たに知ることばかりで今後のプロジェクトの活動に繋がるとてもいい機会になりました。

 

そして、いちじく畑をみて、商品を考える中ででた課題は他の商品との差別化と神戸市外にも広める方法がでました。

 

私たちが出した案の中には既に商品化されているものが多く、ロゴデザインなどで工夫しなければなりません。

 

また、神戸のいちじくを知る人達が少ないのではないかという意見もあり、どのようにしたらいちじくの魅力を伝えられるのかなど、このような課題と向き合いよりよいものを作れるように今後も頑張りたいと思います。

 

 

(執筆:福田梨華、藤田瑶子(武庫川女子大学))